'."\n";?> 夏バテ予防

夏バテ予防

夏バテ予防

クエン酸は、夏バテを避けるためにとても有効な成分です。
そのため、夏の季節に差し掛かると、酢の物を摂ったり、梅干しを摂ったりしたほうがいいという話をよく聞きますよね。

 

なぜ夏バテの防止にクエン酸が有効なのかというと、体内に摂取した栄養素をエネルギーにとして作り変える働きがあるからです。
我々が食べ物を食べて体内に取り込んだ脂肪やタンパク質、糖質といった栄養は、何もしなかったらエネルギーに変換されません。

 

エネルギーに変えるためには、ビタミンB1などの力が必要になってくるのですが、このようなサイクルを正常化させるために重要な役割を果たすのがクエン酸です。
体の中のクエン酸が足りなくなると、いくらエネルギーの材料となるものを食べても、上手なエネルギーに変換が不可能となってしまうのです。

 

そして、夏の季節に欠かせない力も有しています。
それは、汗の発する臭いを抑えるというありがたい効果です。
汗を多くかく人は、夏場に表を歩くのが苦しくなってしまいますよね。
女性であっても、自分から漂う汗のにおいが気掛かりになっている人がいるはずです。
そんなときは、酸味がきいたものを積極的に取り入れるようにしましょう。
クエン酸の活動の結果、新陳代謝がよくなるため、汗の不快なにおいを抑制することが出来ます。

 

むろん、夏季だけでなく一年中取り入れられます。
酢の物ばかりの毎日は嫌でも、一週間の半分ほどは献立にプラスするように癖をつけましょう。
それによって、季節に関係なく健やかに過ごすことが出来るかもしれません。